矢作川

川名が語るふるさとの歴史

その他正眼寺

2016.05.30

<小牧市>

 小牧市三ツ淵にある寺。曹洞宗。山号は青松山。本尊は三世如来。応永元年青生直正が中島郡下津の伝法寺の廃跡に天鷹祖祐を住持として開創。勧請開山は通幻寂霊。同5年足利義満から寺領寄進をうけたという。文安5年3月2日に放火で全焼したが、足利義政の外護により5年間で復旧したという。天文9年7月3日の足利義晴御内書写で「春日井郡宇福寺村并丹羽郡伝法寺村・同北島村以上百五拾貫文之事、并寺中門前屋敷」を寄進された(正眼寺文書/一宮市史資料編6)。永禄5年3月2日に織田信長より「正眼寺無縁所如前々、并諸寄進等之儀、聊不可有相違者也」と寺領を安堵され、天正18年9月9日には豊臣秀次より「当寺領分伝法寺之内を以弐拾七貫文」とされ、文禄4年8月3日の秀吉朱印状で「下津村之内、正眼寺門前四拾石五斗」を寄進された。慶長6年7月9日の松平忠吉朱印状で「春日井郡宇福寺村之内」40石5斗と寺中門前屋敷とされ、以後尾張藩に引き継がれた。元和年間に門前道路に松を植え、青生山を青松山と改号。寛永6年尾張国曹洞宗の僧録とされた。下津は水害を受けやすいため、元禄2年に慈眼寺旧跡の現在地へ移転。「尾州愛知郡熱田宮白鳥山宝持禅寺……右此鐘者、雖被置於折津正眼寺……当寺江被贈焉、于時慶長戊戌十月二十一日」という慶長3年の銘文がある(古鐘銘集成)。