矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来小牧の沿革

地勢 濃尾平野の東部に位置し、合瀬川が南下して流れる。丘陵部はジュラ紀のチャートから更新世の東海層の砂・礫・泥岩などの固結堆積岩から構成され、谷部…

地名の由来春日井の沿革

地勢 濃尾平野東部、庄内川右岸に位置する。 地名の由来 郡名「春日井郡」によるという。 地名の変遷 明治11年春日井原新田村と長斎新田が合併して春日…

地名の由来豊山町の沿革

 明治39年豊場村・青山村の2ヶ村が合併。豊場の豊と、青山の山を合わせ、豊山村と命名された。「物産豊かに山をなす」とも解釈され、誠にめでたい土地名称。…

地名の由来守山の沿革

<名古屋市> 地勢 矢田川と庄内川に挟まれた丘陵地と低地。 地名由来伝 地名の由来は「地名考」が「続紀に和同三年正月初て守山戸を充て諸山の木を伐こ…

地名の由来瀬戸の沿革

地勢 猿投山西麓。地内を瀬戸川・水野川が流れる。 地名由来伝 海路の磯近く山島の間をいう(塩尻)、陶所が転じたもの(瀬戸新窯記)、山間の狭い所を迫…

地名の由来尾張旭の沿革

地勢 矢田川中流域に位置する。 地名の由来 日露戦争の戦勝国として国運の上昇を示す日の出のイメージから名付けられた。 地名の変遷 明治39年、東春日…

地名の由来長久手の沿革

地勢 尾張平野東部、香流川上流域。 地名由来伝 地名の「くて」は本来湿地を表し、鴨田川沿いに細長く延びた低湿地をいうと伝える。 名所 南部丘陵には…

地名の由来山北町

<小牧市>  〔近代〕昭和50年~現在の小牧市の町名。もとは小牧市間々・小牧・間々原新田の各一部。

地名の由来葭原

<小牧市>  〔近代〕昭和61年~現在の小牧市の町名。もとは小牧市久保一色の一部。ほとんどが水田と畑。

地名の由来弥生町

<小牧市>  〔近代〕昭和50年~現在の小牧市の町名。もとは小牧市西之島・村中・小牧・間々の各一部。

地名の由来和多里村

 <小牧市>  〔近代〕明治22~39年の東春日井郡の自治体名。矢戸川上流域に位置する。西之島・三淵・三淵原新田・舟津の4ヶ村が合併して成立。西之島・三…

地名の由来横内

<小牧市>  〔近代〕大正10年~現在の大字名。はじめ小牧町、昭和30年からは小牧市の大字。小牧町村中原新田が改称して成立。大正13年の戸数40・人口205、…

12345...10...