矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来定光寺町の沿革

2015.05.22

地勢
 庄内川上流左岸に位置する。

地名の変遷
 戦国期は尾張国春日部郡定光寺。昭和39年~現在の瀬戸市定光寺町の町名。もとは瀬戸市沓掛。

寺社
 臨済宗妙心寺派、応夢山定光寺。暦応3年水野致国の外護により平心処斎が開創。

記録
 文明9年の火災、永正7年の地震、天文元年の火災などしばしば災害にあった。
 元和8年5月28日に徳川義直が近辺に遊猟し、寺歴を知って寺領10石を沓掛村のうちで寄付したという。『角川日本地名大辞典』抜粋