矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来水野町の沿革

2015.05.22

地勢
 水野川流域、四方を標高200~300mの山に囲まれた小盆地に位置する。

地名の変遷
 古くは水沼と称したという。鎌倉期は、 尾張国山田郡水野郷。水野上・水野中・水野下郷に分かれていた。戦国期天正年間以降は、上水野郷・中水野郷・下水野郷となった。明治22年 上水野・中水野・下水野の3ヶ村が合併して東春日井郡水野村成立。昭和26年瀬戸市の一部となる。昭和34年瀬戸市水野町となる。『角川日本地名大辞典』抜粋