矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来落合町の沿革

2015.05.22

 もとは瀬戸市下品野の一部。

地勢
 水野川中流域に位置する。

名所旧跡
 町の西端、水野川が大きく蛇行する天白山南麓はかつての落合城址で、下品野村の西に有りと記載される。

地名の変遷
 戦国期は、尾張国春日部郡落合。近世、下品野村のうちとなる。昭和40年 瀬戸市落合町となる。『角川日本地名大辞典』抜粋