矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来上水野町の沿革

2015.05.22

地勢
 水野川と数成川の合流点付近に位置する。

名所旧跡
 穴田古墳群、東曽野の堂塔礎石(白鳳期)、長田・八幡前の条里遺構、中世以降の古窯址群など史跡に富む。

地名の変遷
 戦国期は、尾張国春日部郡上水野郷。天正年間以前には水野郷のうちで水野上郷と称した。
 江戸期は、春日井郡上水野村。明治13年東春日井郡に所属。同22年水野村の大字となる。昭和26年からは瀬戸市の大字。昭和32・39・59年に、上陣屋町・下陣屋町・進陶町・小金町・西追分町・東松山町・西松山町・上本町・上水野町・暁町・穴田町・水北町・曽野町・余床町となる。昭和56年穴田町の一部を編入。

記録
 徳川義直は狩猟を好み、しばしば水野山で鹿狩を行い、村内北脇に行殿を設けた。寛文元年これが御林方役所となり、春日井・愛知両郡ほかの山林、陶工の採掘や築窯を管理した。明治7年御林方役所の役人屋敷を釜ノ洞に設けたため、同所で窯焼きをしていた4戸が他所へ移住して当村の窯業は廃絶した(瀬戸窯焼物師伝記)。この穴田古窯は名古屋城・定光寺焼香殿の瓦類などを焼造した窯所であった。
 産物に松茸・初茸があり、また白色の小金石を産出し、磨いて石碑とした。明治40年当村磯村桂太郎ら8名の共同出資で磁器製造を始め、水野窯業発展の基礎を築いた。同57年穴田南第1・2号の発掘調査が行われた。

寺社
 神社は、氏神八幡社、八剣社、八王子社、山神社、曽野稲荷、文化14年京都伏見から勧請した曽野稲荷。寺院は臨済宗感応寺、ほかに観音堂、弁財天堂、薬師堂(法松院)、弥陀堂、薬師堂、毘沙門堂があった。『角川日本地名大辞典』抜粋