矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来曽野町の沿革

2015.05.22

 もとは瀬戸市上水野の一部、字(曽野・西東曽野・東曽野)。曽根と呼ばれたこともある。

名所旧跡
 穴の宮の地名が残り、付近の方形の礎石は白鳳期の堂塔礎石という説もある。

地名の変遷
 昭和39年~現在の瀬戸市の町名。昭和56年水北町の一部を編入し、一部を余床町に編入。『角川日本地名大辞典』抜粋