矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来本郷町の沿革

2015.05.22

 もとは瀬戸市下水野・中水野の各一部。昭和39年に起立した町名。江戸期に水野川右岸にあった集落が、明和4年の洪水で海老づるケ根のふもとに移転したのが本郷である。昭和56年十軒町・小田妻町と境界変更。同59年県立瀬戸北高校開校。『角川日本地名大辞典』抜粋