矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来山手町の沿革

2015.05.22

 昭和32年~現在の瀬戸市の町名。もとは瀬戸市中水野の一部。江戸期は横山道と定光寺道に囲まれた山林地帯であった。昭和30年代以降は新興住宅地となった。一部が、同43年松原町、同59年西松山町となり、同年小田妻町1~2丁目の一部を編入。『角川日本地名大辞典』抜粋