矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来屋戸町の沿革

2015.05.22

 〔近代〕もとは瀬戸市山口の一部。昭和56年~現在の瀬戸市の町名。江戸期の村絵図には「屋頭島」と記すが、古くは「矢頭」と書いたという。

名所旧跡
 山口八幡社の警固祭りに使用される9本の銀鷹の矢のまといだしは、武田信玄の武将山田信濃守の物見ケ嶺の大蛇退治の言伝えが馬標となっている。町の西境は大坪町に続く条里遺構があり、集落化の嚆矢を誇りにこの字をあてたという。『角川日本地名大辞典』抜粋