矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来高蔵寺の沿革

2015.05.22

地勢
 庄内川右岸、高座山を中心とする丘陵地に位置する。

名所旧跡
 玉野川の東北岸には太鼓岩・竜宮岩などの奇岩が並び、「徇行記」には「玉野村ヘ至ル水辺絶景ナリ」とある。

地名の変遷
 江戸期は尾張国春日井郡高蔵寺村。明治13年東春日井郡の所属。同22年玉川村の大字となる。昭和5年町制施昭和33年1月1日春日井市の一部となり、町制時の10大字は同市の大字に継承。昭和34年春日井市高蔵寺町となる。昭和48・55・56年に気噴町・高座町・白山町と境界変更。

寺社
 神社は、五社大明神社・八幡宮・弁財天・山神、ほかに薬師堂などが見える。

記録
 「寛文覚書」雨池は洞口池・弐反田池・風呂か谷池・一ノ沢池・給人池。「徇行記」によれば、安政3年村の頭百姓卯蔵の提案によって隣村玉野村の用水の分水を願い出て許可を得、工事費30両を佐枝氏から借金して安政5年に完成した。
 江戸後期の村絵図によれば、北方に山が連なり、頂上に高蔵宮、ふもとに承平3年創建と伝える天台宗高蔵寺と塔頭の跡が見える(春日井市史地区誌編1)。12坊あったものが、永禄年間の戦乱のため実相坊のみとなり、これが現在の高蔵寺のもととなった。明治44年中央本線全通、大正8年玉野信号所として開設した定光寺駅が大正13年常設の駅になった。明治41年高座尋常高等小学校を新設、大正2年(一説に同8年)愛岐水力電気の発電所設置。また、同6年には玉川水力電気が創立し、463戸が点灯した。同7年米騒動が起こる。昭和16年陸軍の高蔵寺工廠のため約121万坪が買収され、軍需の中心地に一変した。
 大正8年創業の中央窯業に続いて、昭和8年創業の近藤工業が生糸を、同12年創業の丸福製陶所が碍子を製造した。亜炭の採掘は一層盛んになり、昭和初年には年額約28万円に達した。(春日井市史)
 明治33年中央線高蔵寺駅が開設され、同35年名古屋~中津川間の開通により玉川村の中心的地位を占めるようになった。昭和34年1月1日高蔵寺町・高座町となる。昭和36年愛知用水の通水、同41年町の北部に高蔵寺ニュータウンの建設が始まるとバスターミナルができ、住宅地および商店街となった。
 高蔵寺駅はニュータウンの発展、中央本線の列車本数の増加、さらに同63年第三セクターにより開通した愛知環状鉄道のため改築された。『角川日本地名大辞典』抜粋