矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来内津の沿革

2015.05.22

地勢
 内津川上流域の山間部に位置する。

地名の変遷
 室町期は尾張国春日部郡内津。宇津々とも書く。江戸期は春日井郡内津村。明治13年東春日井郡に所属。同22年内津・西尾・明知の3ヶ村が合併。内津村の大字となる。明治39年坂下村、昭和3年坂下町、同33年からは春日井市の大字。昭和34年1月1日内津町となる。

寺社
 神社は式内社内々神社、尾張で最も古いといわれ、篠木33ヶ村の総鎮守である。祭礼に神輿渡御があり、水野代官所から代官が出張してきたという。
 寺院は天台宗妙見寺・曹洞宗見性寺。妙見寺は内々神社の神宮寺。『角川日本地名大辞典』抜粋