矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来坂下町の沿革

2015.05.22

 内津川上流域の山間部に位置する。東側を和泉村、西側を一色村といった。「地名考」に和泉・一色の2村を合わせて坂下宿と呼ぶとある。

地名の由来
 尾張藩祖徳川義直の建てた狩宿(坂下御殿)取壊しの際下された、寛永14年の坂下新町居屋敷取立免許状(伊藤善仁氏蔵)が坂下の初見である。これにより3月7日(今は4月第1日曜日)の義直の命日に、坂下御殿跡で源敬(義直の諡名)さままつりが行われている。

地名の変遷
 明治11年和泉村と一色村が合併して春日井郡坂下村となる。 明治13年からは東春日井郡坂下村。明治22年内津村と合併し神坂村の大字となる。昭和3年、町制施行坂下町となる。昭和33年1月1日春日井市の一部となり、町制時の7大字は同市の大字に継承。昭和34年1月1日春日井市坂下町となる。

記録
 明治13年万寿寺に明治天皇、民家に三条実美・伊藤博文・山田顕義ら450余人が昼食休みをとった。昭和34年~かすが台などの団地が東西の丘陵地に建設され、住宅地となった。旧下街道沿いの坂下商店街の共同店舗も国道19号と高蔵寺ニュータウンと結ぶ白山線沿いに建ち、官公庁も移転し新しい町並みが出来つつある。昭和54年坂下小学校から神屋小学校が独立。『角川日本地名大辞典』抜粋