矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来八田与吉新田村の沿革

2015.05.22

地勢
 八田川下流左岸に位置する。

地名の変遷
 江戸期は尾張国春日井郡八田与吉新田村。明治13年東春日井郡に所属。同22年柏井村の大字となる。同39年勝川町柏井となる。

記録
 「徇行記」によれば、八田新田の次の項に記されているが同新田との関係は不詳。享保12年縄入とあり、用水の便の悪い村であった。明治33年中央線が開通し、勝川駅の開設により当地も住宅が増加。『角川日本地名大辞典』抜粋