矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来間々原新田

2016.05.30

<小牧市>

地勢
 巾下川中流左岸、合瀬川中流域に位置する。

地名の変遷
 〔近世〕間々原新田村:江戸期~明治22年の村名。尾張国春日井郡のうち。間々入鹿新田・間々原新田・間々入鹿原新田とも称した。もと間々村の一部、同村から分村して成立、なお、分村年代不詳。尾張藩領。小牧代官所支配。明治7年の戸数72・人口308(小牧町史)。同13年東春日井郡に所属。同22年境村の大字となる。
 村高は、「天保郷帳」19石余、「旧高旧領」間々原新田として434石余。「寛文覚書」によれば、間々村の項目の後に同所入鹿原新田として書き上げられ、高265石余、田25町余・畑3町余、見取新田の田畑2反余、新田屋敷山3町余、家数18・人数81、馬4、「徇行記」では、間々入鹿原新田として給知253石余で山村甚左衛門ら給人7、蔵入地12石余、ほかに間々村郷新田10石余、酉新田15石余、子新田51石余、延享元年縄入の後子新田19石余が加わり、家数55・人数213、馬8。

神社
 神社は白山社。