矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来篠岡

2016.05.30

<小牧市>

地勢
 大山川上流域に位置する。

地名の変遷
 〔近代〕篠岡村:明治39年~昭和29年の東春日井郡の自治体名。大草村・大野村・池林村・陶村が合併して成立。大草村を除く合併各村の大字を継承した6大字に大草を加え、7大字を編成。役場を池之内に設置。戸数・人口は、明治40年986・5,709、大正10年1,001・6,310(東春日井郡誌)。水田が少なく、丘陵地では桃を中心とする果樹栽培が盛んである。昭和37年以来建設が続く桃花台の名称はこの桃栽培に由来する。昭和30年1月1日小牧市の一部となり、村制時の7大字は同市の大字に継承。〔近代〕篠岡:昭和54年~現在の小牧市の町名。1~3丁目がある。もとは小牧市大草・林・野口・池之内の各一部。昭和37年から開発が進められた桃花台ニュータウンの中の一部。