矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来大気村

2016.05.30

<小牧市>

地名の変遷
 〔近世〕江戸期~明治11年の村名。尾張国春日井郡のうち。多気村・大毛村とも書いた。合瀬川中流左岸に位置する。尾張藩領。小牧代官所支配。明治11年多気村の一部となる。
 村高は、「寛文郷帳」712石余、「天保郷帳」732石余、「旧高旧領」1,187石余。「寛文覚書」によれば、概高1,112石余、田41町余・畑17町余、入鹿郷新田高9石余、家数47・人数431、馬11、小牧宿の助郷村、小牧街道道作りと豊場村板橋修理の人足を出した。「徇行記」によれば、給知は275石余で箕形善左衛門ら給人4、本田蔵入地837石余、ほかに三ケ一新田2石余、宝暦6年縄入の新田20石余が加わり、家数103・人数413、馬9。

寺社
 神社は、十二所権現・神明社・熊野権現(多気神社)。
 寺院は、日蓮宗妙禅寺・曹洞宗竜泉院、ほかに薬師堂2。