矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来市之久田

2016.05.30

<小牧市>

地勢
 大山川中流右岸に位置する。

地名の変遷
 〔中世〕一のくた:戦国期に見える地名。尾張国春日部郡のうち。「信雄分限帳」に「一、千貫文<一のハ(く)たうし山>御局」と見える。〔近世〕市之久田村:江戸期~明治22年の村名。春日井郡のうち。明治初年に当村から市之久田池新田が分かれたが、江戸期すでに「寛文覚書」「徇行記」には別個に書き上げられていた。尾張藩領。小牧代官所支配。明治11年市之久田池新田を合併。同13年西春日井郡に所属。同22年尾張村の大字となる。〔近代〕市之久田:明治22年~現在の大字名。はじめ尾張村、明治39年北里村、昭和38年からは小牧市の大字。明治39年の戸数218・人口1,204。大正4年の田81町2反余・畑61町2反余。市之久田土地改良事業が昭和43年完了。地内の昭和地区をもとは下切といい、昭和10年は47戸であった(北里村誌)。同30年代の飛行場拡張の頃から昭和地区と呼ぶようになる。一部が、同49年桜井本町、同59年堀の内1~5丁目、同61年常普請1~3丁目・郷中1~2丁目・外堀1~4丁目・桜井、同63年小牧1~5丁目となる。
 村高は、「寛文郷帳」一ノ久田村として1,055石余、「天保郷帳」一之久田村として1,055石余、「旧高旧領」1,824石余。「寛文覚書」によれば、概高1,701石余、田58町余・畑34町余、概高7斗余の新田、入鹿郷新田高69石余、家数120・人数656、馬21。「徇行記」によれば、給知は1,672石余で成瀬織部ら給人25、蔵入地29石余、家数209・人数793、馬10。支村に郷中島・定普請・小屋敷がある。当村は古くから正月元日前には餅をつかず、2日に餅つきをし、正月の行事は2日から4日までの1日遅れで行う風習があった。これは数百年前に病気と飢饉に見舞われた時、氏神に正月でも餅を食べないと誓ったことによるともいう(小牧市史)。

寺社
 神社は、六所大明神・天道・富士・弁才天・稲荷・八幡・天王・天神。
 寺院は、天台宗竜徳寺、臨済宗善慶寺、曹洞宗本光寺・養光寺、日蓮宗妙法寺。