矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来小針入鹿新田の沿革

2016.05.30

地勢
 合瀬川中流左岸に位置する。

地名の変遷
 〔近世〕江戸期~明治22年:尾張国春日井郡小針入鹿新田。もと小針村の一部、同村から分村して成立、なお分村年代不詳。小針入鹿出新田とも称した。尾張藩領。小牧代官所支配。明治13年西春日井郡に所属。同22年尾張村の大字となる。〔近代〕明治22年~:現在の大字名。はじめ尾張村大字小針入鹿新田、明治39年北里村大字小針入鹿新田、昭和38年からは小牧市大字小針入鹿新田。一部が、昭和57年下小針中島1~3丁目・下小針天神1~3丁目、同61年外堀1~4丁目となる。