矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来池之内の沿革

2016.05.30

<小牧市>

地勢
 大山川上流域に位置する。

地名の変遷
 〔近世〕江戸期~明治22年:尾張国春日井郡池之内村。明治13年東春日井郡に所属。同22年池林村大字池之内となる。〔近代〕明治22年~現在:明治39年篠岡村大字池之内。昭和30年からは小牧市の大字池之内となる。昭和54年一部が桃ケ丘1~3丁目・古雅1~4丁目・篠岡1~3丁目となる。

寺社
 神社は、八幡・山之神2。寺院は、曹洞宗大泉寺・真宗大谷派徳泉寺。

歴史記事
 「寛文覚書」によれば池は、四ツ池上池・同下池・山之脇池上池・同下池・出池・榊迫間池と記されている。「徇行記」によれば、村内は本郷・中屋敷・東新田・西新田の4区に分かれていた。昭和37年から桃花台開発計画が進んだ。『角川地名辞典』抜粋

旧)池之内村字地名
 新造・上赤堀・蓮池・雨作・中赤堀・下赤堀・道木・中屋敷・毛中・羽根海道・下ノ坪・大稲葉・赤坂・西山・陣配・大曲・杉之本・砂原・峠・前田・西ノ下リ・流・高木・森之越・高畑・南廻間・池下・鳶ケ巣・山下・妙堂・向山

『明治15年愛知県郡町村字名調-日本地名学研究所写本』