矢作川

川名が語るふるさとの歴史

川名の由来竈ケ洞川 かまがほらがわ(蛇ケ洞川支流)

2015.05.22

<上半田川町>

川名の由来
 川が流れる、旧)上半田村字「竈ケ洞」の名を冠した川名。県境を挟んだ岐阜県笠原町には土砂崩壊を起こした原因者(窯元)負担で治山事業を行った記録がある。

川の概要
 岐阜県笠原町との分水嶺を源頭に上半田川町地内を南流し、蛇ケ洞川に合流する谷川。

竈ケ洞(かまがほら)地名の由来
 カマ・ガホラのカマは魚の頭部と胴体の境を言い、田畑のカマは田畑の境を指すことから、美濃国との「境」から流れる洞のある所を表現した地名と推察。現在は砂防等の事業名では、寵ケ洞と呼んでいる。

②龍ケ洞川(上半田)  (2)