矢作川

川名が語るふるさとの歴史

川名の由来北戸越川 きたとごしがわ(赤津川支流)

2015.05.22

<北白坂町>

川名の由来
 猿投山~三国山に続く尾張国と三河国との国境であり分水界を抜ける小原街道の通称「戸越峠」の北側を流れる川を表現した川名。

川の概要
 西-東に走る小原街道の分水嶺の山を北から南に流れ、赤津川に注ぐ渓流。

北戸越地名の由来
 戸越峠は国境の峠であるが、「戸越峠」から隣村同士のお付き合いの深さが伺われる。