矢作川

川名が語るふるさとの歴史

川名の由来本地川 ほんじがわ(矢田川支流)

2015.05.22

<西脇町・山の田町・東本地町・坂上町>

川名の由来
 川が流れる、旧)愛知郡「本地村」の名を冠した川名。

川の概要
 西脇町地内の権道治池を水源に、山の田町と東本地町の境界を北西流し、坂上町地内で矢田川に注ぐ排水路。

本地地名の由来
 この土地を治めた領主の本拠地の地を表現した地名と推察。

参考
ほんじ(‥ヂ)【本地】:①仏語。本地垂迹説によるもので、世の人を救うために神となって垂迹したその本の仏菩薩をいう。神はこの世に仮に姿を表した垂迹身で、仏菩薩をその真実身である本体とするもの。たとえば、天照大神の本地は大日如来だとする。②もとの姿。本体。物の本源。③本性。本心。正気。④漆下地の最も丈夫なもの。のり、水を用いず生漆だけで練り合わせたものを下地に用いる。