矢作川

川名が語るふるさとの歴史

川名の由来才蔵川 さいぞうがわ(鯎川支流)

2015.05.22

<外之原町>

川名の由来
 川が流れる、旧)外之村字「才蔵」地名を冠した川名。

川の概要
 外之原中公民館の東に在る才蔵古池を水源に西流から大きく南に湾曲し、外之原町地内で鯎川に注ぐ渓流。

才蔵地名の由来
 サイは「鯎」、ゾウは「です」の意味があり、ウグイ川の支流を好字化した地名と推察。

参考
さい:①「似鯉」の異名。②「鯎」の異名。

ぞう(ざう):〔連語〕(「…に候」の意の「にそう」の変化。一説に、助動詞とも)…でございます。…です。*謡曲・自然居士「その舟漕ぐ櫂のことざうよ」。