矢作川

川名が語るふるさとの歴史

川名の由来内津川 うつつがわ(庄内川支流)

2015.05.22

<内津町~春日井市地内>

川名の由来
 源頭の「内津峠」に由来する川名。

川の概要
 岐阜県多治見市との分水嶺「内津峠」を源頭に南流し、22支流を集めて春日井市桜佐町内で庄内川に注ぐ流路長13,945mの一級河川。

内津地名の由来
 山稜を越える峠道は地形が空ろ(U形に抜けた)になった所を通る。この地形を「内津峠」と表現した。大和尊命伝説が内津神社に伝わる。「内津峠」は春日井市と岐阜県多治見市の境にある峠。標高236m。現在は国道19号が県境を内津トンネルで越えるが、江戸期は下街道の峠であった。

内津川・西尾知内