矢作川

川名が語るふるさとの歴史

川名の由来内津川放水路 うつつがわほうすいろ

2015.05.22

<出川町・大留町>

川名の由来
 内津川を分流させて庄内川へ放流することから付けられた川名。

川の概要
 松本町と出川町の境で新しく水路を掘削し、大留町地内で庄内川に放流する。東部丘陵地の流域開発に伴い、下流域の能力不足解消、浸水被害の軽減を目的に、中流部の出川橋上流で分派し、庄内川の東名高速上流へ放流する放水路。昭和56年度より事業採択、大留下・出川中部土地区画整理事業の中から公共施設として用地を生み出され「人々が水と緑の憩える場・豊かな自然と触れあえる場」を理念に県内最初の「ふるさとの川モデル事業」として事業が行われた。
 平成3年9月18日・19日にかけての集中豪雨により内津川が破堤し、春日市市街地を中心に甚大な被害が発生した。平成4年より都市河川内水対策特別緊急事業に採択を受け、事業が加速され平成9年完成した。

ふるさとの川モデル事業・内津川放水路・春日井市大留町地内 (3)