矢作川

川名が語るふるさとの歴史

川名の由来八田川 はったがわ(庄内川支流)

2015.05.22

<勝川町>

川名の由来
 江戸時代に開発された八田新田村・八田与吉新田村に由来する川名と推察。

川の概要
 小牧市内を流れる「定銀洞川」を水源に南流し、浅宮公園で「生地川」を集め勝川町地内を経て御幸本町地内で庄内川に注ぐ。流路長11,574mの一級河川。春日井市追進町あたりで地蔵川と合流し庄内川に流れていたが、庄内川の洪水量を減らすため八田川と分離し地蔵川を暗渠で潜らせ、新地蔵川と名を改め新川に流域変更する改良工事が行なわれた。

八田地名の由来
 ハッタは墾田の意で、江戸時代に新しく開墾した地を言う。

八田川・下原町地内

八田川・下原町地内 (3)