矢作川

川名が語るふるさとの歴史

川名の由来巾下川 はばしたがわ(五条川支流)

2016.05.30

川名の由来
 定かでないが、川の上流に巾(布)を付す地名あり(現在、山の田公園を含む工場地帯)、平らな高台が広く分布している。この巾の下に位置することから、巾下川と表現したと推察。

川の概要
 丹羽郡大口町二ツ屋地先に源を発し、大口町南部で合瀬川を伏越で横過した後、小牧市中西部で安田川、南西部で境川を合わせる。小牧市南西部で矢戸川を合わせ、岩倉市曽野町で五条川に合流する。

地名の由来
 巾は布を表し、布を大きく広げた様から付けた地名(楽田巾,巾廻り,平塚)。

4-42_巾下川・境川分派

巾下川・境川分派

4-42_巾下川・境川合流部小牧市船津地内

巾下川・境川合流部 小牧市船津地内

4-42_巾下川・小牧市船津地内