矢作川

川名が語るふるさとの歴史

川名の由来狐洞川 きつねぼらがわ(大山川支流)

2016.05.30

<小牧市大字野口地内>

川名の由来
 一案)キツネは水源地の洞経路が三角の形となる洞を表現した川名。図形や地形が△の土地を「キツネ地(狐地)」という。二案)案源流域の「キツイ尾根(強尾根・険尾根)の間を流れる洞」を表現した川名、と推察される。

川の概要
 小牧市第一老人ホーム周辺の二つの池辺りから南流し、野口中田地先で大山川に注ぐ渓流(砂防河川)。

4-9_狐洞川