矢作川

川名が語るふるさとの歴史

川名の由来苗田川 なえだがわ(大山川支流)

2016.05.27

<大山町地内>

川名の由来
 川が流れる、旧)大山村字「苗田」地名を冠した川名。

川の概要
 東洞川の南に隣接する谷を南西に流れ、鼻谷川に合流する渓流(砂防河川)。

苗田地名の由来
 稲穂の苗田を意味するか、あるいは萎えた処の好字化か。

参考
なえ【萎・痿】:(動詞「萎える」の名詞化)力が抜けて、自由がきかなくなること。麻痺すること。また、そのような人。〔日葡辞書〕『小学館国語田辞典』

4-5_苗田川