矢作川

川名が語るふるさとの歴史

その他真弓山

2015.05.20

 東加茂郡足助町足助の東端に位置する山。標高309m。山頂には、戦国期に足助鈴木氏が本城とした真弓山城が築かれ、巴川と足助川に挟まれた要害の地であった。頂上の本丸跡には、真弓山城跡碑や足助重春の「心なき尾花が袖も露ぞおく秋はいかなる夕なるらん」(新葉和歌集)の歌碑がある。『角川地名大辞典』