矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来北篠平町の沿革

2015.05.21

地勢
 矢作川支流犬伏川上流域に位置する。

名所旧跡
 字大麦田に大草城西砦の篠平城跡がある。

地名の変遷
 明治6年加茂郡篠平村が改称して北篠平村成立、明治11年からは西加茂郡。明治22年豊原村の大字となる。明治39年からは小原村の大字。平成17年豊田市北篠平町となる。
 明治25年明智街道・小原街道開通。大正11年小原電灯北篠平発電所創業。昭和13年東邦電力に譲渡、同14年解散。昭和2年尾三バス開通。