矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来藤岡地区の沿革

2015.06.23

地勢
 矢作川中流右岸に位置し、瀬戸市・土岐市と猿投山を挟んで接する。また、猿投山分水界で矢作川水系と庄内川水系が境する。

地名の変遷
 明治22年西加茂郡の西中山・深見・田茂平・迫・飯野・北一色・石飛の7ヶ村が合併して藤河村成立。村役場を飯野に設置。明治39年西加茂郡内の藤河村・高岡村と富貴下村の一部が合併して西加茂郡藤岡村誕生。昭和53年藤岡町となる。
 平成17年4月1日から豊田市藤岡地区となる。19大字はそれぞれ町となる。

村名の由来
 藤河村・高岡村の各1字を合わせ藤岡と命名。

藤岡19大字
 大岩・西市野々・三個・石畳・白川・北曽木・折平・上渡合・木瀬・石飛・北一色・飯野(藤岡飯野町)・迫町・深見・田茂平・御作・上川口・下川口・西中山。