矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来石野地区藤沢町の沿革

2015.05.21

地勢
 矢作川中流右岸の山間部に位置する。

地名の由来
 藤の生い茂る沢の地形からという。

名所旧跡
 字古屋敷に三宅図書・佐太郎が居城したという藤沢館跡がある。

地名の変遷
 江戸期、三河国加茂郡藤沢村。幕府領・深溝松平家の分家である旗本松平与右衛門忠成知行(大浜陣屋)・旗本青山氏知行(西広瀬陣屋)を変遷。明治11年西加茂郡に所属。同22年富貴下村の大字となる。明治39年石野村、昭和30年猿投町、同42年からは豊田市の大字。昭和45年豊田市藤沢町となる。

記録
 字銚子の口は、筏流しの難所として知られていた。