矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来大岩町の沿革

2015.05.21

地勢
 矢作川支流犬伏川に注ぐ木瀬川上流域に位置する。

名所旧跡
 獅子ケ鼻と称される山上に「三河国名所図絵」に見える大岩城跡がある。

地名の変遷
 江戸期、三河国加茂郡大岩村。岡崎藩領・上総大多喜藩領を変遷。
 明治11年西加茂郡に所属。同22年高岡村の大字となる。明治39年藤岡村、昭和53年からは藤岡町の大字。平成17年豊田市大岩町となる。

記録
 大正期には陶土原料の石粉製造が行われた。昭和47年地蔵堂建立(藤岡村誌)。