矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来西市野々町の沿革

2015.05.21

地勢
 三国山南麓に位置する。

名所旧跡
 縄文時代の西屋敷遺跡・曽根畑遺跡があり、石堂には居館跡が残され、宝篋印塔5基が残る。また、通称秋葉山山頂部に削平地があり、狼煙場と推定される。

地名の変遷
 明治5年加茂郡市野々村が改称して西市野々村となる。明治11年からは西加茂郡。明治22年高岡村大字西市野々。明治39年藤岡村大字西市野々、昭和53年からは藤岡町大字西市野々。平成17年豊田市西市野々町となる。

記録
 明治期から大正期にかけて水車による石粉製造が行われた。養蚕も盛んに行われた。