矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来藤岡地区西中山町の沿革

2015.05.22

地勢
 矢作川の支流御船川上流西中山川流域に位置する。

名所旧跡
 先土器時代の石刃が出土した後田遺跡、縄文時代の神子塚遺跡・中ノ坪遺跡がある。

地名の変遷
 明治5年加茂郡中山村が改称して西中山村成立。明治11年西加茂郡。同22年藤河村大字西中山となる。明治39年藤岡村大字西中山、昭和53年からは藤岡町大字西中山。平成17年豊田市西中山町となる。

記録
 昭和17年西中山開発営団が発足し、同37年長野県からの集団移住者を迎え又吉洞を開墾。同46年下切に藤岡カントリークラブが開かれ、大木原地区では県緑化センター設立。同年猿投グリーンロード(県道力石名古屋線)の開通とともに西中山インターチェンジも開通。