矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来高岡地区の沿革

2015.06.22

 逢妻男川と逢妻女川流域の丘陵地に所在。昭和40年頃からトヨタ自動車の高岡・堤工場が新設され工業地域へ変わりつつある。
 明治39年碧海郡竹村・若園村・堤村・駒場村が合併して高岡村成立。10大字を編成。明治42年岐阜県揖斐郡の窪田喜内の同志3名が山林25町を買収し開墾に従事。大正10年から昭和15年にかけて高岡村耕地整理組合により304町が美田となる。昭和31年町制施行高岡町となる。同40年豊田市の一部となり、町制時の10大字は同市の大字に継承。昭和43年10大字は町となる。当地方の豪農六鹿清七により建てられた六鹿邸と庭園を昭和56年から六鹿会館と称した。