矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来坪崎町の沿革

2015.05.20

地勢
 矢作川支流段戸川の左岸に位置する。

地名の変遷
 はじめ三河国加茂郡坪崎村。明治11年東加茂郡坪崎村。同22年築羽村大字坪崎となる。明治39年旭村大字坪崎、昭和42年からは旭町大字坪崎。平成17年から豊田市坪崎町となる。

寺社
 神明社がある。旧暦6月14日、津島神社の祭礼日には火鑽神事(県無形民俗文化財)を行う。若人が交替しては火鑽杵を火きり臼にもみ、発火をまって火口に移し、さらに松明に移して祭りを行い、浄火で炊いた小豆粥を食べて無病息災を祈る。堂宇に地蔵堂がある。