矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来介木村の変遷

2015.05.20

 室町期~戦国期は、三河国加茂郡足助荘介木郷。現在の旭町中央部から東部、足助町北東端、稲武町富永が含まれる『荘園志料』。
 明治22年、余平・太田・万町・明賀・小渡・時瀬の6か村が合併して東加茂郡介木村が成立した。明治22年から同27年まで生駒村と組合村。明治39年旭村の一部となり、介木村は消滅。