矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来日下部町の沿革

2015.05.20

地勢
 矢作川上流の支流介木川に注ぐ日下部川沿いに位置する。

名所旧跡
 日下部城跡があり、猿ケ城とも呼び、「旭村誌」は、城主は松井佐渡守、元亀2年の武田信玄の西三河乱入によって落城したと伝える。日下部峠に千人塚がある。

地名の変遷
 江戸期は三河国加茂郡日下部村、明治11年東加茂郡日下部村。同22年築羽村の大字日下部となる。明治39年旭村字日下部、昭和42年からは旭町大字日下部。平成17年から豊田市日下部町となる。

寺社
 元和4年創建の曹洞宗最光院がある。村社には愛宕神社があり、近くに農村舞台がある。