矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来時瀬町の沿革

2015.05.20

地勢
 矢作川上流左岸に位置する。

名所旧跡
 縄文時代の仲切遺跡・仲平遺跡がある。また、時瀬城跡がある。

地名の変遷
 江戸期は三河国加茂郡時瀬村。明治11年東加茂郡時瀬村。同22年介木村の大字時瀬となる。明治39年旭村大字時瀬、昭和42年からは旭町の大字時瀬、平成17年から豊田市時瀬町となる。

寺社
 神明社があり、境内に農村舞台が残る。上時瀬には埋め墓・引き墓があり、両墓制のあったことが知られる。

記録
 大正12年時瀬発電所完成。