矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来菊田(きくた)村の変遷

2015.05.20

・地勢:矢作川の支流小田川流域に位置する。

・地名の変遷:江戸期は三河国加茂郡菊田村。明治11年東加茂郡菊田村。同22年野見村の大字菊田となる。明治32年杉本に編入し、菊田村消滅。文政3年の村絵図によると、八幡社、山神2社、法徳寺がある(小田区有文書)。