矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来東萩平町の沿革 

2015.05.20

地勢
 矢作川の支流沢中川の上流域に位置する。

名所旧跡
 御洲原城跡・宝篋印塔などの古石塔が5か所にある。

地名の変遷
 江戸期は三河国加茂郡萩平村。明治初年東萩平村と改称。明治11年からは東加茂郡東萩平村、同22年野見村の大字東萩平となる。明治39年旭村大字東萩平村、昭和42年からは旭町の大字東萩平。平成17年から豊田市東萩平町となる。

寺社
 八幡社があり、また、通称お洲原さんと呼ぶ御鍬神社もある。寺院には臨済宗三玄寺があり、開山は妙心寺8世柏庭と伝える。