矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来野見村の変遷

2015.05.20

地勢
 矢作川とその支流阿摺川流域に位置する。

地名の由来
 村名は、当村の中心地が江戸期の能見村にあたることにちなむ。

地名の変遷
 明治22年東加茂郡の東加塩・押井・万根・菊田・榊野・杉本・有間・笹戸・市平・池島・大坪・東萩平の12か村が合併して成立。同32年菊田が杉本に編入して11大字となる。同39年旭村の一部となり、当村の11大字は旭村の大字に継承。野見村⇒旭村⇒旭町。野見村は抹消。