矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来須淵町の沿革

2015.05.20

地勢
 矢作川の支流明智川流域に位置する。

地名の変遷
 江戸期は美濃国恵那郡の須淵村。明治4年岐阜県に所属。同8年浅谷村の一部となる。
 昭和30年愛知県東加茂郡旭村大字須淵、昭和42年からは旭町の大字。平成13年から豊田市須淵町となる。

寺社
 日吉神社がある。

記録
 元和2年「美濃国村高領知改帳」には「すふち村・おろし村・一しき村」とまとめられて高27石余とある。古くは須淵村・颪村・一色村3か村は一村をなしていたのかも知れない。また、「天保郷帳」では「古は小路志・須淵村」と注記されており、かつて颪村は当村のうちであった。なお、颪村は現在の岐阜県恵那郡明智町横通の一部にあたる。
 大正8年須淵発電所完成、昭和10年廃止。