矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来近岡町の沿革

2015.05.20

地勢
 巴川の右岸、黍生山EL374.4mの南麓に位置する。

旧跡
 黍生山上に黍生城跡がある。山田重長が治承年間尾張国から移住して築いたといわれ、平家方によって落城したとの伝えもある(足助町誌)。

地名の変遷
 江戸期~三河国加茂郡近岡村。明治11年東加茂郡に所属、同年追分村の一部となる、同22年盛岡村の大字となる。昭和30年からは足助町の大字。平成19年から豊田市近岡町となる。

地名の由来
 表記文字のとおりお城に近い丘の所を表現したと思われる。