矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来追分村の変遷

2015.05.20

地勢
 巴川流域に位置する。
 明治11年東加茂郡の〔寺沢村・近岡村・井ノ口村・田振村・大島村〕が合併して追分村成立、同22年盛岡村の大字となる。昭和30年からは足助町の大字。平成17年から豊田市と合併、追分地名は消滅。合併時の村がそれぞれ近岡町・井ノ口町・田折町・東大島町となる。

地名の由来
 飯田街道と岡崎街道の分岐点であることによる。縄文時代の遺跡が多く、吉田・林・仏田・追分山ノ神・田中・ウシエの各遺跡がある。また、成瀬城・田振城・井ノ口城・大島城の古城跡もある。