矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来東大見町の沿革

2015.05.20

地勢
 巴川に注ぐ神越川の支流大見川流域に位置する。枝郷に大見新田がある。

名所旧跡
 縄文時代の川場・広貝戸・市平の3遺跡がある。大見新田の二本松には、武田信玄の掘った金鉱跡と伝える穴がある。

地名の変遷
 江戸期は三河国加茂郡大見村。明治初年東大見村と改称、明治11年からは東加茂郡東大見村、同22年金沢村の大字東大見となる。明治39年賀茂村大字東大見、昭和30年からは足助町の大字東大見。平成17年から豊田市東大見町となる。

記録
 明治44年大見発電所完成。東大見区有文書によると、杉原紙・森下紙をすいており、保久陣屋へも納入していたようである。