矢作川

川名が語るふるさとの歴史

地名の由来廣岡村の変遷

2015.05.20

地勢
 矢作川の支流阿摺川の流域に位置する。

地名の変遷
 明治11年:東加茂郡内の小手沢村・西樫尾村・切山村・小町村・御蔵村・東渡合村・実栗村・大蔵村が合併して廣岡村成立、同22年阿摺村の大字となる。
 昭和24年:小手沢・西樫尾・切山・小町・渡合・実栗・大蔵・御蔵となる。阿摺村・廣岡村の名は抹消された。